もみがら燻炭水耕栽培の超本格版3号機

もみがら燻炭水耕栽培の超本格版3号機を製作しました

 前回の水耕栽培装置の様子はこちら

 1年前から構想を練り、3月中旬から製作しました。
 現在、麻布+不織布を敷き込み、新規購入のもみ殻燻炭40リッター2袋を盛り、マルチングシート、水循環テスト、洗い流しエージングを経て、先週最初あのレタス種を直蒔きしました。(スプラウト発芽移植・補足との併用です。様々なノウハウが蓄積してきました。)

 今回は4段4クラス分の200株Uターンで、これでも畳半分で、キャスター移動可能で、調光自在。組み上げ洗濯機ポンプ2セットで、循環&保水追加が簡単SWオンです♪
最初の1号機は5作目のレタスがすくすく育って、2年続けて家庭分野との調理実習コラボで美味しくいただいてます。(理科の先生も勉強にきます。)

 教室内での無農薬、活性炭フィルターのような、もみ殻燻炭培地水耕栽培ゆえに、生徒達は日々の成長を目の前で確認し、衛生面での不安・アレルギーを心配しないで、育ったレタスやミニトマト、二十日ダイコンを嬉々として(先を争って!)食べてくれます。

 屋外の通常培地での栽培では考えられない、(衛生?)価値観念の違いがあります。これは、興味をもった職員の方々も同様の手ごたえです。職員室で技術室レタスが大人気なのです。

 水耕栽培03 水耕栽培05 水耕栽培07 水耕栽培09 水耕栽培11 水耕栽培13 水耕栽培15 水耕栽培17 水耕栽培19 水耕栽培21 水耕栽培23


投稿者:下山 大(青森)

 

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


もみがら燻炭水耕栽培の超本格版3号機” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください