段ボールコンポストを使用しての堆肥作り

※この教材は,「生物育成領域で題材の工夫」の実践資料の中から,教材部分のみ紹介したものです。実践全体の紹介は,こちらをご覧ください。

 段ボールコンポストを利用して,生ごみのたい肥化を行い,ミニ観葉植物の栽培に活用しました

 段ボールを利用し,約1ヶ月間野菜くず,残飯等を投入し,コップ一杯程度の水を入れ毎日撹拌しながら,堆肥を作りました。
 
 6班分の足つき段ボールコンポスト

 写真は2カ月経過した、満杯になった状態です。手で触っても野菜くずが見当たらないほど良質の堆肥ができています。

  2ヶ月経過した堆肥

 堆肥を用土と混ぜて約1ヶ月なじませ,プリムラの花の植え替え作業を実施しました。
 

  ※この教材は,青森県八戸市環境政策課の段ボールコンポスト作りを参考にし,許可を得て実践しています。


投稿:山崎 定美(宮城県)

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください