炎と光のパフォーマンス

 電圧は,20~30Vにする。
 鉛筆は煙をあげ,燃えだす。→木の部分が落ちるので灰皿などを用意する。
芯だけになったら電圧をコントロールして,赤くしたり,白熱化したりする。

 これは,シャープペンシルの芯でもできる。このとき,いきなり20Vにすると爆発するので,まず,5Vぐらいで芯を固めているプラスチックを蒸発させ,その煙がなくなってから電圧を上げる。

(参考)「いきいきわくわく実験」愛知・岐阜物理サークル編著 新生出版 1993


投稿者:京都府 洛陽工業高校 荻野和俊

 

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください