3ch 、4ch [対戦型」赤外リモコンロボット製作

制御距離 屋内で3~5m

日付 2009/08/29


 

・楽しい工作シリーズ』 パーツを利用してロボットを製作。受信基板をロボットに組込み、遠隔操作で競技を楽しみましょう。
・リモコン操作でロボットが仕事する………….ロボットの仕組み、制御の基礎を学習しよう。

受信基板 電源電圧 ・・・・・・・・ 送信 3V(単3型×2)、受信 6V(単3型×4)
      PICマイコン ・・・・・・ PIC 12F629 (4MHz)、16F627A(20MHz)
      受光部 ・・・・・・・・・・ 受光モジュール PL-IRM0208
      送信部 ・・・・・・・・・・ 赤外発光ダイオード LEDΦ5
      モータ制御 IC ・・・・・ TA7291SG(東芝)
      モーター ・・・・・・・・・ FA-130(マブチ)
基板寸法(60mm×65mm)
 

 

赤外リモコン 3ch制御キー操作
①前進
②後退
③左
④右
①+③左
①+④右
②+③→③→③④でM1モーター制御

 

4ch制御キー操作
①前進
②後退
③左
④右
①+③左
①+④右
②+③→③→③④でM1モーター制御
②+④→④→③④でM2モーター制御

基板寸法(60mm×80mm)  
 

 

ベース車製作 ダブルギヤボックスタイプy ベース車製作へ◎
  ツインモーターギヤボックスタイプ ベース車製作へ○
   

  3chロボット製作例 
 4chロボット製作例 


投稿者:群馬県・長谷川 稔

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください