仮想空間に立体を描こう

『立体グリグリ』を使うと、とても簡単に三次元立体を作図することができます。(詳しく知りたい方は→コンピュータで立体を動かそう

 生徒達は、キャビネット図、等角図と学習して、第三角法による正投影図をこの立体グリグリで学んだ後、自由製作として3次元作図に取り組みました。

起動時に
 a>grpls -s200 -u10
これで、200mm×200mm×200mmの空間に、10mm単位でポイントを動かすことができるようになります。

 次に示すのはそうして生徒達が作成した立体です。前のクラスで作成した立体を授業の初めに見せることで、「作りたい」という意欲を引き出すことができました。ぜひお試し下さい。


車の3次元モデルです。Gという字もぐるぐる回ります。


女の子の作品です。チューリップだそうですが・・・。これは傑作、3Dメガネ、といってもメガネそのものが3Dなのだ。


フロッピーディスクもグリグリ動く。漢字だって立体になる。


これは高等テクニック、マウスも立体に!先生もビックリ、グリグリ回して永遠の輝き。

 


投稿者:川俣 純(茨城) 

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください