立体グリグリを黒板投影

2013/05/23

立体グリグリ原作者の自分でいうのもなんですが、第三角法の説明には、立体グリグリは間違いなく最強のツールです。

 黒板に立体グリグリの画面を投影しながら、グリグリ上の図を白チョークでトレース。さらに写真のように作図モードのグリグリ上で赤いポインターの位置を動かし、その位置を正面図、平面図、右側面図上にチョークで書き込む。縦と横がピタリと合っていることを説明!

 その後プロジェクターの電源を切れば、黒板には第三角法で描かれた図だけが残ります。
 グリグリでその場で立体を作成し、様々な方向から見せた上でこの展開で説明しました。

 大変だった説明が短時間に確実にできます。さらにこの環境はpcとプロジェクターさえあればできるわけで、ぜひ活用していただけたらと思います。
 立体グリグリ原作者の活用事例でした。

 ※この教材紹介は,Faceobook「技術教室グループ」 での投稿を転載したものです。


 

投稿者:川俣 純(茨城)

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください