重力で発電しよう

“位置エネルギー”を、“電気エネルギー”に変換させる授業です。
 今回の授業では、最大2kgの錘を1mの高さから落下させ、できるだけ長い間LEDを点灯できるようなギヤ比と安定した構造を考えさせました。ギヤ比が軽いと錘はすぐに落ちてしまいますが、ギヤ比を重くすると、2kgの錘を吊り下げても発電機は回りません。さらに、LEDを点灯させるためには一定の回転数が必要となるなど、「回せば発電するでしょ!」からちょっと技術的な実践です。
 段歯車に気づいた生徒はヒーローになること間違いなし。あれこれ組み替えているうちに、1時間「あっ」と言う間です!
 ちなみに、LED最長点灯記録は53秒でした。
 
 【使用教材】
 ・ 歯車 (今回は「テック未来」を使用)
 ・ タコ糸
 ・ ペットボトル2L
 ・ Sカンフック
糸巻き車はキットに含まれていなかったため、3Dプリンタで作りました。


  
 ※ ↓基本形(ここから改良スタート)

 ※ 授業の様子

実験の様子はこちら
 


投稿者:猪狩克也(広島)
 

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください