缶ジュース急冷機

kansei.jpg (22832 バイト)

娘が読んでる学習研究社の「学研の科学4年生7月号」の教材を参考にして,「缶ジュース急冷機」を作ってみました。

1.材料:
モータ(FA-130 なんでも良いと思います)・プーリー(直径10mm程度)・アクリル板・電池ボックス(スイッチ付きが便利)・金属プレート・ペットボトル容器・配線コード・ビス・ナット・1L牛乳パック・輪ゴム

2.使用工具:アクリルカッター・はさみ・ドリル・ホットボンド・はんだごて・定規・+ドライバー

3.製作手順

1 アクリル板を加工します。 akuriru.jpg (11797 バイト) 2 ドリルでモータと支え用プレートの
取り付け位置に穴をあけます。
anaake.jpg (14984 バイト)
3 水はね防止用のカバーを
ペットボトルで作ります。
kaba-.jpg (21668 バイト) 4 缶が移動しないようにする為の
プレートをペットボトルで作ります。
sasae.jpg (13939 バイト)
5 モータと水はね防止用カバー
を金属プレートで本体に固定します。

6 電池ボックスをホットボンドで
本体に固定します

torituke1.jpg (18572 バイト) 7 電池ボックスとモータを配線します。 haisen.jpg (32342 バイト)
8 支え用プレートを本体に取り付けます。 torituke2.jpg (36376 バイト) 9 牛乳パックを水漏れしないように注ぎ口を
しっかり止めて,1面をくり抜きます。
gyunyu.jpg (19927 バイト)
10 容器に水と氷を入れて輪ゴムで缶ジュースと
モータ(プーリー)をつないで,完成です。
缶冷やし1.jpg (31159 バイト)

kanrei4.jpg (24599 バイト)kanrei2.jpg (27121 バイト)

4.気づき
・スムーズに回転するには,水(氷)の量がポイントのようです。
・水はね防止用のカバーがないとテーブルが水浸しになります。
・付録の教材では,缶止めが別になっていたのですが今回は一体化しました。
・色のついたペットボトルでカバー等を作ったほうがカッコイイかも・・・。
・350ml缶が丁度のサイズです。

5.おまけ
調子に乗って,100円ショップのタッパーを使ったものも作ってみました。
こちらは,見た目はスッキリしています。ふたをそのまま使ったので,キチッと固定できます。
金属プレートを裏からあてて補強しました。


100en1.jpg (15016 バイト)

 


 投稿者:糸山常利 (熊本県)

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください