ビー玉コロコロゲームとロールシロフォンを幼稚園向きにアレンジ

 市内の幼稚園の先生方の研修で、26名(内男性3名)に、治具を使えば幼稚園児でもできる、ビー玉コロコロゲームと、ロールシロフォンを作ってもらいました。かなづち、のこぎりの基礎・基本を体験的に学んでもらうことを目的に取り組みました。取り組み後の話し合いの中で、作ることが楽しいと発言した人が多かったです。最近は発達障害の子ども達への対応から、危ないものは使わせないようにする傾向が強まり、「木工遊び」は取り組まれない傾向があるようです。しかし、先生方が「楽しい」と感じてくれたことで、チャンスがあれば取り組んでもらえるかもしれないと思いました。最初にノルウェーの幼稚園の様子をスライドで紹介し、その中に園児がナイフを使っている様子や、木を釘でつないだ作業途中のものが個人用の棚に置いてあるものなどもあり、ナイフやかなづちを使わせる事への拒否反応を除去しておいたのではありますが。

game-bord
ビー玉ゲーム盤 4隅に釘を打ち、輪ゴムでボクシングのリングのように囲み、中に釘3本でビー玉を受けるところを作れば完成。最低7本くぎを打てば完成。 

jigu
ロール シロフォン(円形木琴)

shirofon
八角形の周りに張り付ける長さの違う板を切る治具 右端から1cmごとに印がつけてあり、印に板を当てて、左の溝位置で、のこぎりで切る。長さが測れなくても必要な長さのものが切れる。


投稿者:松本達郎(岡山県)

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください