新聞紙で作るペーパーブリッジコンテスト”ブリコン”

2014/02/01 


 耐荷重の強度を競うブリッジコンテストは,教科書にも掲載されるようになり,実践も増えてきました。ギジュツドットコムでもこちらこちらで紹介されています。ここでは,短時間でも簡易に行うことができ,イベント的にも取り組めるようにするために,新聞紙を用いたペーパーブリッジコンテストを紹介します。耐荷重は簡易的には水を入れたペットボトルをつり下げても良いのですが,ここでは,スーツケースの重量計測用に使用されるディジタル式つり下げ秤を用いて,より定量的に計測をしてみました。

参考実践 第3回長野県中学校科学・技術系部活動交流会にて実践。

課題「新聞紙5枚とノリを使って,できる限り丈夫な橋を作り,その丈夫さを競いあう」
規格:間隔500mm,橋幅50mm以上
条件:
・所定の大きさ以上で,橋の上をミニカーが通行できるようになっていること
・規定材料内であれば,形や構造は自由
教材:新聞紙,デジタル式つり下げ秤,犬の散歩用ヒモ,支点用フック,フック支持板

参考資料: NEXCO中日本:新聞紙で作る高速道路”橋”コンテスト

bridge5 bridge6

bridge1 bridge2

bridge3 bridge4

 

参加者の感想

(中学生)
・他の人の考えが面白かった。参考になる考えがたくさんあった。とてもいい会だと思った。特にワークショップは,自分では思いつかないアイデアが一杯あってよかった(1年生・男子)
・ペーパーブリッジは,あまり良い記録は出なかったけど,他校の人と協力してできたので良かった(1年生・男子)
・次回もできれば参加したいです。ペーパーブリッジも面白かったです。家でも挑戦してみようと思います。大学生が優しかったので,嬉しかったです(1年女子)

(大学生)
・班で活動する中で,他校でも一緒に協力し合って進められるようになっていました。橋に長方形という概念にとらわれずに,いろいろな形の橋をたくさん考えている姿を見ていて,驚きました。
・今までの新聞紙タワーから,今度は耐荷重といを競うペーパーブリッジを通して,子ども達は各々の案を出し合って重さに耐えることができる橋を作っていました。また,その案で作った橋は見事!1位をとることができて,子ども達も「信じられん・・」という顔でした(笑)


投稿者:村松浩幸(信州大)

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください