新聞紙で作るビック紙相撲

 ダンボールで等身大の紙相撲力士を作り,対決するイベントが行われています。これはなかなか面白いなと思いましたが,ダンボールでとなると,1,2時間でというわけにはいきません。

そこで新聞紙で作ってみました。中学生の部活交流イベントで実施したところ,大変好評でしたので,こちらでも紹介します。

材料新聞紙3日分(使用枚数を決めると競技として面白いでしょう)
新聞紙は大きさが分かりやすいように,1800mm四方で折り紙を作りました。ノリで重なり部分を接着していきます。2枚は重ねないとダメです。

140524sumo1 140524sumo6

折り方の参考はこちら。生徒さんらにも,まずは普通の折り紙で作って遊んでもらいました。

 

140524sumo5

折ると900mm程の高さになりますが,当然弱いので自立できません。そこで新聞紙を丸めて棒状にして補強します。これで立派に直立できます。

 

140524sumo7 140524sumo9

140524sumo3 140524sumo4

   土俵は1200mm×70mmの端材を組み合わせ,その上にプラスチックダンボールを乗せています。模造紙2枚で土俵を作りました。プラスチックダンボール2枚だけでは弱いので,下にもう1枚入れ,計3枚使っています。

 140524sumo2

後は土俵の周りを囲み,皆でドカドカたたきます。なかなか豪快で面白いです。
様々なデザインもでてきたり,どうしたら強くできるかの工夫も始まります。イベントにどうぞ。

140524sumo8  140524sumo10

140524sumo11

交流会での様子はこちら

[youtube]http://youtu.be/PwWGkjcp3ls[/youtube]


投稿者:村松浩幸(信州大学)

 

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください