コンセントの電気を調べよう

目的

 理科でも同様な事をやりますが、2年生では技術が先行してしまうためにあえて入れました。
 発光ダイオードを利用して直流と交流の違いを実験し、プラスマイナスが時間によって交互に変化していくことを実感させます。
  材料
 発光ダイオード(極性を逆にして保護抵抗を付けておきます)
 分かりやすいように色違いの発光ダイオードを使います

 
方法
 まず電池で極性があるという発光ダイオードの性質を確認します
 次に手回し発電機で両方ついたように見えないかな、と投げかけ、実験します
 やってみると素速く反転していくと両方ついたように見えてくる事を発見します

   
 そこで保護抵抗をつけて100Vにつなげるようにします。
   
 すると両方点灯します。振ってみると点滅している様子が分かります
 発電機の場合と重ねると、プラス・マイナスが素速く変化しているという交流のイメージが実感できます
ポイント
 周波数など波形をこの前にやっておくとよりイメージがしやすいです。
参考資料
 東京書籍・理科指導書(100Vの実験は理科の教科書に出ています)


投稿者:長野県諏訪郡原村立原中学校 村松浩幸

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください