プラスチックでドライバーの柄をつくろう

プラスチックでドライバーの柄をつくろう

1999/08更新


 低粘度型取り用シリコンラバーで市販のドライバーの柄を型取りし(金属や木材で型をつくっても良いと思います)、不飽和ポリエステル樹脂を流し込み ドライバーの柄をつくりました。このタイプのシリコンラバーは柔軟性に富んでいるため、複雑な形状の型でも、型抜きを心配せずにつくることができます。こ こではドライバーの柄をつくりましたが、プラスチックでいろいろなものをつくっていくことができると思います。なお、材料等は東急ハンズなどで購入するこ とができます。


群馬県碓氷郡松井田町立西中学校  大木 利治

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください