売り込む棚づくり

売り込む棚づくり
~ものづくりの流れを中心にして~

1999/06/27更新

はじめに

以下の点が、授業の背景にありました。
① 作品をなぜ丈夫に作るのか、なぜきれいに作るのかという必要性を、生徒自身の中に位置付けたかった。
② 文章の型にはまがちな作文レポートから、抜け出したかった。他の表現方法はないかと考えた。
③ 人に役に立つものをつくるという視点を入れたい。
④ 授業に父母が登場する場をつくり、ご家庭での親子の対話のきっかけを作りたかった。

全体の流れ

 ものづくりの流れを大切にして、木材加工に取り組みました。板材と角材を使った「棚」の製作です。さらに作った棚の売り込みも行いました。まず、 ご家庭の誰かを「お客さん」に見たてて、「どのようなデザインにしたら使えるか」「大きさは?」の市場調査を行いました。よりつかってもらえる製品に近づ けるために、「この品と、この品、何を基準に買いますか?」の商品の基準をみんなで確認しました。また、その基準を製作の目標として位置付けました。製品 が完成した後、広告をつくりました。家で(お客さんに)商品の良さを理解した上で使ってもらえるよう「売り込み」をしました。そのための練習を、教室で 「製品発表会」として行いました。父母の感想(お客さん)からは、一応に「よくやったね」という声が聞けました。その誉められた親の言葉を、生徒たちは読 み、考察しました。

商品について

 生産の流れをプリント資料にして確認しました。企画部では、「どのような商品がうれるか」を調査し、新商品のコンセプトを決めます。試作部では、 そのコンセプトを大切にしながら、材料の強度、生産工程を考慮し、試作・テストする。目標値に達した試作品の設計図は「生産部」にまわされ、製品になる。 販売部では、在庫の管理をしつつ販売促進する。顧客の声を企画部へまわす。

良い商品って何?

 「みんなはお店で何かしら一つのものを選んで買ってくる。その基準は何か?」

wpe1C.jpg (20919 バイト)

意識調査

ご家族の声:

  • 「家にあっても役に立つ実用的なものを製作して欲しい。飾り立てず、機能的なものがいい」
  • 「家にある置物などを飾る棚があれば便利だと思い、飾り棚を希望しました」
  • 「花台をつくって、花が台好きな生駒のおばちゃんにあげたら?」

声を聞いた生徒の感想:

  • 「なるべく頑丈なものを作っていきたいと思う」
  • 「人ぞれぞれ違った意見があって、決定した理由は、自分が作って見たかったものと母の要望が一致したからです」
  • 「置く場所と使用目的(電話とメモ)に合わせ、横長のものを製作したい」

製作 

wpe27.jpg (3579 バイト) wpe25.jpg (3549 バイト)

広告

 「先生,色つけてええの?」。十分できているようにみえても「まだできてえへんし、明日提出でもええ?」と、各々こだわりがある。苦労した点、製品の持つ良さ、生徒のジョークが入っている。

wpe49.jpg (3447 バイト) wpe4A.jpg (4774 バイト) wpe4B.jpg (3086 バイト)

発表会

 はじけとんだ。バナナの叩き売り風の売り込み、静かに淡々とした売り込み。「この芸術的なセンスをおわかりいただけるのではないでしょうか」。 ジョークあり、笑いありの発表会。発表者の後ろに並んでいる生徒から「頑張れ、」「角、角、角」と励ましの声援あり。発表が終わり「よし、よくやった」と いうと、並んでいるクラスメイトから拍手をうけるたのしいひととき。

 wpe4E.jpg (4345 バイト) 

「よくがんばったね」

ご家庭の声:

  • 「図面どおりにできあがっていることに感心しました。」
  • 「飾り棚を玄関におき、蜂をのせる台として使っています。思っていたより丈夫にできていました。細部の仕上げは荒さが残りますが、手作りの良さを感じています」
  • 「不器用なわりに良くできていると思います。ぜひ使わせていただきたいと思います」
  • 「素材を丁寧にやすりをかけたのか、きれいな木質を生かしてあって、感心しました.妹のお人形の飾り棚にぴったりです」

生徒たちの考察:

  • 「私としてはビデオテープを入れる予定だったのですが、家に持って帰ったら、いつのまにか台所の物置に使われていました。でも使ってもらえているのでよかったです。この次やるなら、仕上げのやすりをもっと丁寧にしたいと思います。」
  • 「設計についてあまり詳しいことは言っていなかったが、使いやすそうといってもらえてよかった。家には花がたくさんあるので今も使ってもらえ て嬉しい。欠席も重なり、完成に時間がかかってしまい、苦労したが喜んでもらえてすべて帳消しになりそうだと思う。次は自分の部屋につんであるCDカセッ トラックを作りたいと思う」

同志社中学校 沼田和也

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください