プログラム制御で植物工場

LEGO MINDSTORMS EV3を用いた植物工場モデルの提案です。このモデルでは,EV3をデージーチェーン接続で2台用いることにより,出力系統を5-つ制御しています。また,入力系は,温度,pH,超音波の3系統を制御し植物を自動的に育てることができます。
[youtube]https://youtu.be/F9EEtRIzRIc[/youtube]

小さな名刺型コンピュータRaspberry-Piを用いた植物工場モデルです。
[youtube]https://youtu.be/IX0c_LRNJTQ[/youtube]

某Y社から発売されている養液栽培装置を改造しました。
Y社の養液栽培装置はとても便利な教材ですが、養液が循環しないため、成長があまり早-くありません。また、室内で栽培すると成長速度は更に遅くなります。そこで、室内で早く成長させることのできる、LED投光器と養液循環装置を開発しました。養液循環装置は熱帯魚飼育用のポンプと100円ショップで売っているプラスチック容器を流用したものです。
[youtube]https://youtu.be/B2upb6V3I0s[/youtube]

植物の成長に良い赤色と青色を配置しています。また、本来ならば400Hz程度のパルス照射をすると良いのですが、コストも考え、1つだけ点滅するLEDをつけました。これで「パルス照射とは」何ぞやということを理解させます。電源はUSBバスパワーを利用しています。
試作品で1個¥600程度の部品代です。
[youtube]https://youtu.be/4HYo9stuj-Y[/youtube]


佐藤正直(東京)

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


プログラム制御で植物工場” に対して1件のコメントがあります。

  1. Reetok より:

    arduinoのホームぺージ

    <a href="https://www.arduino.cc/"&gt;

    arduinoのソフトウェアdownloadページ

    <a href="https://www.arduino.cc/en/Main/Software"&gt;

    参考ページ

    <a href="http://rakuishi.com/archives/5356/"&gt;

Reetok にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください