kumi35

以前、東京の渡辺先生が投稿された「三本組木」とは異なる形状のものを紹介します。
木材加工の精確さを鍛える教材として使えるのではないでしょうか。
材料は36mm角の木材を使いました。それぞれ1本ずつです。
(材料の幅が異なるものを使う場合は、各部の寸法をそれに合わせ修正してください)

(1)の材料

kumi3a

(2)の材料

kumi3c

(3)の材料

kumi3b

<加工の様子>
(1) (2)

kumi31kumi33

kumi32(3)(中央が円柱状)

<組み方>
kumi34(1)に(3)を組む((3)の材の組み方に注意)

kumi36この下部に(2)の材を組み込む       

 

kumi36(3)の材を回して横材の面を合わせる

    【参考文献】『パズルの世界~解き方・つくり方101例』J.Slocum/J.Botermans、芦ヶ原伸之訳、日経サイエンス社、1993.11


投稿者:おぎのかずとし(大阪工業大学)

関連するお勧め教材