タービンデザインコンテスト

1 使用するもの

 ・扇風機 ・直流電源 ・モータ ・厚紙 ・きり ・はさみ ・カッター ・接着剤 ・セロテープ

2 コンテストのテーマ

 あらかじめ設置されているモータ軸に厚紙で作った自作のタービンを取り付け、扇風機から風を送り、そのときに発電する電圧を競う。

3 ルール

  1. 扇風機はモータから0.50m離した位置に置き、スイッチを入れてから30秒間の最大電圧を測定する。
  2. タービンに使用できる材料は、配布された厚紙1枚と接着剤、セロテープのみとする。
  3. 扇風機の風速は、最速のスイッチを入れることを原則とするが、遅いスイッチを入れてもよい。

4 学習

 流体力学を学ぶ際の導入として活用できるとともに、風力発電の学習にも使える。


投稿者:門田和雄(東京工業大学付属科学技術高校) 

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください