ビール缶をまわそう

 

  1. 缶に穴をあけ、糸でつるすか、図のような器具をつくる  
  2. トランスの改造  

     

    交流ではなく、直流(1.5v~3v)を加えると強力な電磁石になります。これはオマケ!


     そのままで不安定なので、上図のように加工すると扱いやすい。


     

  3. くまとりコイルを作る

     

     トランスのコアに合わせて、1mmφの銅線を3回ほど巻き、ハンダで全体をおおう。(外側にハンダをつける)

     
     

  4. ビール缶をまわす

     

     缶にコアを近づけて、電源を入れると、缶は回転をはじめる。これはくまとりコイルに右図電流が流れ、φaはφbよりも位相が遅れ回転トルクが生ずる。

     


投稿者:京都府 洛陽工業高校 荻野和俊

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください