FRP(強化繊維プラスチック)による加工

2010/11/21 日曜日 07:59:48 JST 

近年、軽くて丈夫な材料としてFRPが多く用いられています。FRPには大き く分けてガラス繊維を主成分とするCFRPと、炭素繊維を主成分とするGFRP とがあります。身近なものとしては、ヘルメットや釣り竿、スキー板などに また、航空宇宙材料としてスペースシャトルなどにも用いられています。工業高校 では低燃費自動車のカウルや船を作るのによく使用しています。ガラス繊維の使い 方は、シート状の繊維を樹脂で固めていくという方法を取ります。空気を間に入れ ないように丁寧に押し固め3~5層ほど重ねるとかなりしっかりとしたものになり ます。ただし、樹脂の臭いがかなり強烈なので、マスクをするなど工夫をして下さ い。

 

低燃費自動車FRP製カウル        スペースシャトルオービター(ケネディ宇宙センター)

 


投稿者:東京都 東京工業大学工学部付属工業高校 門田和雄

最終更新日 ( 2010/11/27 土曜日 12:06:49 JST )

 

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください