丸太から板を作る

2010/11/21 日曜日 08:04:00 JST
 

法隆寺の作られた時代のやり方で。


授業は、「法隆寺を作った時代こんな道具で板を作っていたんだよ。」という話から始まり、実際に体験してみました。

①  丸太を楔で割る。(縦方向)

image2.gif (19151 バイト) image3.gif (31330 バイト)

② 少し割れた丸太を横方向から楔を入れ、割れた所に板をはさむ。

 image5.gif (18997 バイト)

③ 割れた面をちょうなで荒削りし、面をならしていく。

 image6.gif (15606 バイト)

④ 槍がんなで面を仕上げる。

image7.gif (14702 バイト)

⑤ 使用した材料

 間伐材の丸太(杉) 長さ1メートル20

⑥ 使用した道具

  • 木槌(やや大きめ)
  • ちょうな(大工さんから拝借したもの)
  • 槍がんな(1本2万円くらいした)

 この材料は共同製作によるベンチ作りに使う予定です。

 板を割って削るだけでも結構時間がかかりますが、丸太が意外とうまく割れることや、「槍がんな」や「ちょうな」の難しさがよくわかり、後の「台がんな」と比較すると道具の歴史も実感できます。


静岡大学附属島田中学校 紅林 秀治

最終更新日 ( 2010/11/27 土曜日 12:05:08 JST )

 

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください