技術・家庭科や総合的な学習の時間の「ものづくり体験」を動画で発表してみませんか。
 ーディジタルポートフォリオとものづくり体験の再構成によって新たな授業展開をー

1 大会の趣旨
技術・家庭科の時間や総合的な学習の時間など中学校で体験したものづくりで製作した作品のよさや工夫点、製作上のアイディアなどをディジタル作品として再構成して発表します。ビデオの制作を通して、知的財産権についての理解を深め、ものづくりと情報教育との必然性のある融合を目指すことを目標としたコンテストです。
また、第5回大会より、参加対象を富山県外の中学生に拡大し、学習指導要領「情報に関する技術」ディジタル作品の作成の作品発表と交流の場としました。全国各地の学校でディジタル作品制作の実践が盛んに行われていることと思います。映像制作に関わるプロの審査員の評価を得て、授業のブラッシュアップに繋げてみませんか。
さらに11回大会から、募集枠を従来のものづくりの他に学校生活に関することを加え、総合的な学習の時間や学校行事で制作したディジタル作品の発表の場を設けます。生徒の自由な発想で制作された映像がとやまに集結することを願っています。

2 主催及び共催、後援
主催富山県中学校産業教育振興会
富山県中学校ものづくりプロモーションビデオコンテスト実行委員会
(富山ジュニアロボコン実行委員会)
共催(公財)富山県ひとづくり財団(予定)
後援 富山大学人間発達科学部(予定),富山高等専門学校(予定)
協賛 株式会社ジャストシステム(予定),株式会社ベネッセコーポレーション(予定)

3 開催日時と会場
(1) 予選会
① 日時2017年2月18日(土)13:30~
② 場所
氷見市立北部中学校会議室
〒935-0063
富山県氷見市加納135
TEL:0766-74-8417
(2) 本選
① 日時2017年2月25日(土) 13:30~
② 場所
ボルファートとやま803号室
〒930-0857 富山県富山市奥田新町8.1 TEL:076-431-1113
4 出品作品について
(1) コンテストに出品する作品は、ディジタル処理された2分程度の動画とし、【ものづくり部門】と【スクールライフ部門】の2部門で審査する。なお、最高賞である【PVC大賞】は、両部門を通じて1作品とする。
(2) 制作に利用するソフトウェアは自由とする。
(3) 2分程度の映像ですべてを伝えることとし、事前事後の追加プレゼンテーションは行わない。
(4) 作品の評価は次の視点で行う。
① メッセージ性②全体の構成③映像表現の技術④感動や驚き・笑い
(5) 作品は一般公開を前提としているため、利用するコンテンツの著作権及び肖像権について配慮して制作する。
(6) 作品の提出締切は、2月20日(土)12:00まで
※直接、事務局まで持ち込むか、事務局宛に発送してください。
<お問い合わせ先>
富山県中学校プロモーションビデオコンテスト実行委員会事務局
〒935-0063 富山県氷見市加納135 氷見市立北部中学校 干場耕太郎
E-mail:kouta048@gmail.com

Print Friendly, PDF & Email

関連するお勧め教材

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る