コンセント電源でクリップモーター

コンセント電源でクリップモーター

最終更新日 1997/11/25


目的
 モータは半回転するときに磁界を反転するか。流れる電流を反転するかしない回転しない今までのクリップモーターでは半回転時しか電流を流さないことにより回転をさせていた。今回はコンセントから来ている交流にてモータを回転させる。

材料
 トランス(100vを6vに変換するもの) クリップ
 0.7mm~0.9mm位のエナメル線 磁石

方法

(1)コイルの製作
 クリックモーターと同じで0.7mmのエナメル線をスッティク糊の軸に巻く
 今回は両方の軸のエナメルをカッターではぎ取る
(2)接続
 ブレットボードにクリップを立て、コイルを吊す。
 トランスより今回はセンタータップより3v出力より接続し、磁石を横から当てる

ポイント
 はじめは交流のために振動をしているので指で回転する方向に弾いてあげる(きっかけを付ける)
 回転はどこかで一定になる振動をしていて上手く同期がとれずに回転しないときがあります。


投稿者:児島高徳(愛知県刈谷工業高校)

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください