シャーペンの芯を発光させよう

 

目的
 白熱電球の発光原理を知るために使います。シャーペンの芯が電流を流すことで 発光していくのは大変感動的です。
 炭を発光させたエジソン電球につなげることもできます。

材料
 シャーペンの芯、スライダック、ワニ口クリップ

方法
 クリップでしっかり固定したシャーペンの芯にスライダックで徐々に電圧を上げていきます。 10Vを越えると煙が上がり、光り出してきます。電圧に従って強く光りますが、同時に燃えて いくので焼き切れます。

 

    
   しっかり固定       きれいに発光します

ポイント
 一気に電圧を上げすぎると芯がはじけ飛んでします。最初に少し焼き固め、徐々に上げる ことがポイントです

 


投稿者:長野県諏訪郡原村立原中学校 村松浩幸

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください