電子レンジに蛍光灯を入れてみよう

目的
 電子レンジを使うことで蛍光灯の発光原理や電磁波の原理などが実験できます。
 実験自体は元々電波を実感できるようにと考えられたものです

材料
 丸形蛍光灯、コップ(水入り)、電子レンジ
方法
 水を入れたコップを入れます(過熱防止用)丸形蛍光灯を入れて回すときれいに発光します。電球でもフィラメントが光ります

    
  ↑コップに水を入れます      ↑きれいに発光します。天使の輪!!

ポイント
 必ず水を入れないと空だきになり、蛍光灯のフィラメントが切れてしまいます。また1分以内でないと過熱の危険もあります。電子レンジはなるべく大きな物が観察しやすくいいでしょう。蛍光灯はすごく光るので感動します。
参考資料
 ・朝日新聞91年4月10日
  「さーてお立ち会いこれが電磁波だよ」国立教育研究所

 


投稿者:長野県諏訪郡原村立原中学校 村松浩幸

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください