シュレッダーダストから作るリサイクル作品

2012/11/29

光沢紙やカラーコート紙を粉砕したシュレッダーダストは,際せ不能で焼却処分するしかありません。そこでこれらシュレッダーダストを板に加工し,廃棄物から材料調達する「エコなもの作り」に挑戦しました。


  1. 作り方

    1. パーティクルボードのように接着剤で固めるために,木工ボンドを水で薄め,そこにシュレッダーダストを投入し混ぜ合わせます。
       

    2. 次にカラーボックスと同寸法の3種類の型枠(天底板,左右側板,背板)の3種類の型枠に押し込んで抜き取ります。
       

    3. 乾燥後,5枚の板を貼り合わせ,適宜着色すると,シュレッダーダストを材料にしたカラーボックスが完成です。
       


  2. 作品例

    1. シュレッダーダストでテッシュボックス
       

    2. シュレッダーダストでアタッシュケース
       







投稿者 : 下山 大(青森)

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


シュレッダーダストから作るリサイクル作品” に対して5件のコメントがあります。

  1. 齊藤紀子 より:

    例えばティッシュボックス1つ作るのに、シュレッダーゴミはどれくらい必要ですか?

  2. 栗原 由紀子 より:

    シュレッダーごみを無料で回収していただける団体はありますか?

    会社は豊島区南大塚にあります。

     

    1. 管理者 より:

      お問い合わせありがとうございました。申し訳ありませんが,こちらでは確認できません,

  3. 株式会社Geroge P. Johnson より:

    カラーボックスを作った際に、型枠は何を使用したのか教えていただけますか?

    1. 管理者 より:

      教材の投稿者の下山先生は既に亡くなられたのですが,実践を拝見しているので,コメントさせていただきます。型枠自体は端材の板で作った木枠です。紙を固めるだけなので,これで十分できます。お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください