熱気球の製作

1 使用材料

  • 薄いポリ袋(厚さ0.015mm)
  • エタノール
  • 針金
  • ガーゼ
  • アルミホイル
  • 温度計
  • 水の入ったバケツ
  • 雑巾
  • ライター
  • セロハンテープ

2 製作方法

  1. 針金で輪をつくり、ポリ袋の出口を補強する
  2. アルミホイルでガーゼの入れ物をつくる
  3. ガーゼにエタノールを浸してからライターで点火する。
  4. 気球の中の空気が加熱され、膨らんでくると気球は上昇する。

3 注意事項

  1. ガーゼの入れ物の位置が悪いと、空気が温まらなかったり、逆にポリ袋が溶けてしまったりする。
  2. なるべく軽量にすることを心がけて丁寧に製作を行うこと。

投稿者:東京都 東京工業大学工学部付属工業高校 門田和雄

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください