落花生養液栽培の実践

 養液栽培で落花生栽培に挑戦してみました。落花生は千葉の特産物であり、土中で結実するという面白い植物です。

 アメリカなどでは既に10~20年前より落花生の養液栽培の研究成果があげられています。現在,多くの国で養液栽培による野菜等の出荷は増加しており,これから更に研究開発が進められる分野ではないかと思われます。

 授業では,いったい土を使わない場合,どのように工夫すれば良いのか。中1の生徒たちと考えながら実のできる条件を探りました。

peanut001  peanut004 peanut005 

peanut006peanut002

 結果的には,光を遮ることと水分が必要であるということがわかりました。しかし,落花生は強い光を必要とするため,屋内で育てる場合は場所を選ばなければいけないと思いました。それから,夏の室内は乾燥するためハダニ等の発生にも気配りが必要です。まだ色々な課題が残されていますが,今後は,照度計や自動温度計測器など用いて、より多くの収量を得るためのデータがとれれば良いなと考えております。


投稿者:安田京巳(千葉県)

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


落花生養液栽培の実践” に対して1件のコメントがあります。

  1. jeccon patrick DC akiyama より:

    hi im jeccon patrick DC akiyama from katsuragi junior highschool we are doing a presintation about peanuts and Mrs yasuda kyoumi tell us to go to this website and i like it but i think you should put a english translation for students like me that cant read kanji im looking forward for that upgrade

    1. 管理者 より:

      Thank you for your comment. We would like to correspond English translation in turn. There is also a system using Google Translate, so please use it.
      http://translate.google.com/translate?hl=en&sl=en&tl=en&u=http%3A%2F%2Fgijyutucom.xsrv.jp%2Fmain%2F

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください