リレー式半加算器の製作

更新:2014.4.13


 最近の学生さんはリレーを知らないので、リレーの紹介も兼ねて、論理回路の勉強で必ず出てくる「半加算回路」をリレーを使って作ってみました。

■原理
 半加算回路は、AとBの2つの入力に対し、下表のような関係が成立する回路です。Sは計(sum)、Cは桁上げ(carry)で、AとBの2進数の加算の結果をあらわします。

これを論理式であらわすと次のようになります。

この論理式をリレーの接点で表すと次のようになります。

■製作
 リレーは、941H-2C-5Dという動作電圧5V、2回路のものを使いました。リレーに電流が流れないときにつながっている接点(NC接点という:Normally Contact)と、リレーに電流が流れるとつながる接点(NO接点:Normally Open)があります。本当は下図のような透明で中が見えるリレーがいいのですが、入手できず、中が見えないリレーとなりました。

スイッチはタクトスイッチと呼ばれるものです。LEDは入力は赤色、出力のSは青色、Cは緑色にしました。
回路はユニバーサル基板SunhayatoのICB-88を使いました。
配線図や配置図を見て、はんだ付けしてください。

 (図と写真は配線の仕方が少し異なります)

■動作の様子
AまたはBのみを押す
 

AとBの両方を押す

 


投稿:おぎのかずとし(大阪工業大学) 

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください