ヤマザキ「Qブロックギヤボックス」で使用可能なラック・ピニオン機構

概要
主に中学ロボコンで使う、ヤマザキの「Qブロックギヤボックス パワーセット」に組み合わせて使用するラックギヤのSTLデータです。3Dプリンターで出力してお使いください。ベベルユニット(またはフルセット)付属のアウターギヤをピニオンとして使用します。
370mmは接着剤が必要です。

STLファイルのダウンロード


Qブロックギヤボックスのパワーユニット中央の出力軸に六角シャフトアウターギヤを設置
アウターギヤの両側にガイドパーツビス(M3x10)で固定
アウターギヤに噛み合うように、ガイドパーツにラックギヤを通す



開発背景

中学ロボコン(全日本中学校技術・家庭科研究会主催 創造アイディアロボットコンテスト全国中学生大会)では、直線運動機構にタミヤのラダーチェーンが使われることが多いです。しかし、うちの中学校は技術の授業の中でロボット製作をしているため、製作に時間がかかるチェーン・スプロケット機構を初心者に作らせるのが困難でした。そこで、短時間で組み立て可能な直線運動機構として、この部品を開発しました。


大藤 泰生(兵庫県)

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください