三本組み木をつくる

 


 

 材料は12×24の角材。(t12の板を丸のこで切断して用意している) 長さは予備を含めて四本分300程度にしてあげるとよい。長さ72で切断。 (この時、けがきして切断、冶具を用いて切断、機械で切断、の三通りを経験させると面白い)あとはほぞ穴あけの要領で。(のみでも角のみでも。比較させてもよい)最後に切れ目を入れ完成。組み立ては各自でお考えください。も し三つとも同じ部品にしたければ②×3でも可。

 ほぞ穴づくりの練習用の題材として扱っていたが、加工だけでなく、道具と機械を比べさせ、機械の素晴らしさを感じさせることもできる。

 


   

 

 

 


投稿者:渡辺 浩康(東京都) 

最終更新日 ( 2010/11/27 土曜日 12:03:09 JST )

 

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


三本組み木をつくる” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください