空気てんびん

2003/10/7 


準備するもの

 風船、糸、棒、おもり(粘度や紙)

husen1.jpg (4919 バイト)husen2.jpg (3808 バイト)

実験

  1. 膨らんだ風船とおもりをつりあわせる。
  2. 風船を割り、その破片を集めてもう一度おもりとつりあわせる。

結果

 風船を割った後ではおもりのほうに傾く。

考察

 空気にも重さがあるということがよくわかる。
 ちなみに、標準状態における空気の密度は、約1.3kg/m3である。


 この実験の妥当性についてご意見をいただきました。ありがとうございます。この実験は空気に重さがあることを教えるためのものです。厳密に言えば、空気の収縮性など考えなければならにこともありますが、ここでは小中学生でもわかるという視点でページを作成しました。


投稿者:門田和雄(東京都)

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください