周波数学習ソフト  「Hz」

                                    2003/09/13


周波数学習ソフト「Hz」
 【中学校技術科「電気」、中学校理科で授業実践できます。】
 数字を押すと、その周波数の音が鳴るという単純なソフトです。単純ですが、いろんな周波数の音を自分で出しながら、音や交流の学習ができます。ドレミを探してみたり、そのドミソの和音を3台のパソコンを使って鳴らしてみたりとなかなかおもしろいですよ。
【 ソフト名 】 低周波発振ソフト「Hz(ヘルツ)」for Winodws Pro β0.94版
【 著作権者 】 岡田雅美、村松浩幸、川俣 純
【 開発言語 】 Delphi V5.0
【 対象OS 】 Windows95/98,Me,NT,2000,XP
【 動作機種 】 上記OSが動作するDOS/V機
【特徴 】スタンドアローン(インストール不要)で動作します。

【 ソフト紹介 】
 ・サウンドカードのWave再生機能を使って正弦波を発信させます。
 ・周波数をデジスイッチで指定するとその周波数の音を出します。
 ・2秒間での発信に加え、タイマーで時間設定できます。
 ・表示レンジをあげていくと大きな周波数でも波形が表示されます。
 ・周波数は35~20000Hzの範囲で指定可能です。
 ・発信した周波数をWaveファイルとして保存可能です。(発信させて保存してください。その周波数がファイル名となります)
 ・複数起動できるので、何種類かの周波数を合成することができます。
【 制限事項 】
 波形の計算ルーチンの誤差で、数Hz誤差がでます。 1Hz単位で設定できますが、周波数が変わらない部分があります。
   2003/09/06

    

※生徒用は2秒間のみの発信。Pro用は発信時間を設定できます


【 ソフト名 】 低周波発振ソフト「Hz(ヘルツ)」for Winodws Beep版
【著作権】 村松浩幸・川俣純
【開発言語】 Visual BASIC V5.0
【対象OS】 Windows95/98
        ※Windows2000またはNTでは動作しません
【動作機種】 上記OSが動作するDOS/V機

   Windows版のダウンロード 1.4MB ※最終更新 2000/05/30


【著作権】 村松浩幸・川俣純
【開発言語】 Quick-BASIC V4.5
【対象OS】 PC9801上で動作するMS-DOS5.0~
        FM-Rまたはタウンズ上で動作するMS-DOS5.0~
【動作機種】 上記OSが動作するNEC旧98シリーズ
        上記OSが動作するFM-RまたはFMタウンズ

   授業実践を見る
   98DOS版のダウンロード 40KB ※最終更新 94/12/13
   FMDOS版のダウンロード 40KB ※最終更新 94/12/13

 

 

 

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください