ペン立てコンテストの試み

 2014/01/16


 上海の日本人学校で,商品化されるようなペン立てを作れないかなという取り組みをしています。

 設計3時間,加工3時間,組立5時間

 上海では日本のような板材は入手できないこともあり,入手可能な材料での実践を試みました。
922573_562379000521191_439863693_o 1523567_562368073855617_152411663_o

 1512010_562379020521189_1642696853_o   1553498_562373913855033_2127226462_o

1557403_562368133855611_540895334_o 1495887_562368057188952_1451321358_o

1522451_562368147188943_846371508_o

 ベニア板同士をL型フレームを使いネジ接合して組み立てているので,作業自体は早いのですが・・・。底板を回すとペンが穴から出てきたり(上からペンを取った方が早いだろ!)・・・と楽しいアイデアいっぱいです

 最終的にはWEB上で作品紹介しネットショッピングを意識した保護者投票などできればと考えていますが,初めての試みなのでどうなることやら。
 ただ,商品化を意識させる事で,身の回りにあるものがどれほど考え抜かれて作られているものか実感させることができそうです。


投稿者:猪狩 克也(上海)

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください