蒸気タービンの性能試験

1 使用材料

  • 空き缶でつくった蒸気タービン
  • ガスバーナー
  • 点火銃
  • ストロボ

2 実験方法

  1. タービンのパイプ部分に適当な量の水を入れる。
  2. ガスバーナーに火をつけてタービンを加熱する。
  3. パイプから水蒸気が噴出するまで待つ。
  4. タービンが回り始めたら回転数を測定する。
  5. パイプの長さの異なるタービンで同様の実験を行い、パイプの長さとタービンの回転数の関係を調べる。

3 注意事項

  1. パイプからは熱水が出ることがあるので「やけど」に注意する。
  2. ガスバーナーの取り扱いに注意し、加熱時以外は点火しない。
  3. 回転数が目で追えなくなったら、ストロボを用いて測定を行う。

ヘロンの蒸気タービン

 紀元前の古代ギリシャ人は、これと似た装置をすでに考え出していました。「汽力球」とも呼ばれるこの装置は、球の両端から反対方向に水蒸気を噴出させ、球を回転させるものです。蒸気機関の先駆的なものといえるでしょう。

 


投稿者:門田和雄(東京工業大学附属科学技術高等学校)

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


蒸気タービンの性能試験” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください