自分の体の電気抵抗を測ろう

最終更新日 1999/01/23


人間の体も電気を通すことを知る

目的
 電気抵抗測定の延長で高い抵抗を測る練習も兼ねて自分の体の電気抵抗を測定します。やられる方も多いと思いますが、なかなか盛り上がって楽しい実験です。

方法
 両方のテスタ棒を手で持ち、握った時の抵抗値を読みとる。また何人かで手をつないで測定したり、手を濡らして測定したりしてみます。

実際の様子

karada1.jpg (12413 バイト) karada2.jpg (7348 バイト) karada3.jpg (15072 バイト) 
抵抗値はっと・・・    あ、濡らしたら下がったぞ   みんな握って!! 


ポイント
 測定値は30KΩ前後から100kΩ位まで人やその時の体調、汗のかき具合などにも大きく左右されます。また隣同士や何人かでやっても盛り上がります。 よくある相性診断や嘘発見器などにも応用されているといった話もするといいです。また水で濡らしてくると抵抗値が下がります。濡れた手で電気製品をさわる となぜ危険なのか、といった話などにも広げられるでしょう。


 投稿者  長野県原村立原中学校・村松浩幸

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください