ストレッチ効果 ~目で見る電磁力~

1999/08/13更新


「ストレッチ効果」とは、下図のように、2つ折りにした導線に大きな電流を流すと、電磁力によって導線の間隔が広がる現象をいいます。

 ここでは、0.5mmのエナメル線50cmを2つ折りして使っています。線がつながっているのは、瞬間的に大電流を流す電源装置です。

   

 左図が電流を流す前、右図が電流を流したあとです。線は、しばらくの間、振動を続けています。


 平行導線に電流を流すと、(電流の方向が互いに逆の場合)下図のような磁界が生じ、この磁界と電流によって、フレミング左手則に従う電磁力が生じます。この力は導線を互いに離そうとする向きに生じます。

imageJ.gif


投稿者:おぎのかずとし(京都市立洛陽工業高校定時制)

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください