スケルトン配線板

最終更新日 2000/08/05


透明アクリル製・スケルトン配線板

目的
 回路を理解したり、自分で回路を作れるように、1人1台の回路の配線板を作り、回路を組む実習を行いました。なるべく豪華な方がいいちうことでベニヤ板とかでなく、厚のアクリル板を使用して作成しました。

材料
 そのままアクリル板を使うと高価ですが、看板屋さんから端材のアクリル板を無料で分けてもらい作りました。これでバッチリ。
   
 電池、豆電球、ブザー、モーターなどが使えるようになっています。ミノ虫コードで配線をします。

  
 アクリルパイプで足もつき、しっかりしています。透明のアクリルを使うことで流行のスケルトンモデルのできあがりです。
 豪華な方が子ども達も”オーッ”と思います。

 5人1組、1人2分で実技テストも行いました。


 投稿者 :川瀬勝也(京都府)

 

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください