2時間でできる簡単鋳造

2時間でできる簡単鋳造

更新日:1999年5月7日


DSC00012-v120.jpg (5191 バイト)  鋳造というと難しいというイメージがありませんか。ここで紹介する方法ならば実に簡単に鋳造実習が可能です。鋳込むだけなら1時間あれば余裕でできます。 使用する減摩合金は、220゜Cで溶ける優れもの、実際に船などの機械部品にも使われている合金で、錫と亜鉛、銅などの合金です。鉛の入っていない規格の ものを選べば安全性も確保できます。なんといってもアルミの鍋とカセットコンロで溶けてしまう手軽さが便利です。低融合金の実践はこれまでもたくさんあり ましたが、減摩合金は2kgのインゴットでわずか6千円程度、このインゴットで60人分ぐらいの量がとれます。比較にならないくらい安くできます。

用意するもの

  • 2mm厚のコルク(90cm×1mでホームセンターで400円でした。)
  • ベニヤ板(使い古しでかまいません。)
  • 金属製クリップ(おさえる部分が大きいものがお勧めです。)
  • 減摩合金のインゴット(2kgのインゴットで6千円程度)
  • カセットコンロ
  • アルミ製の鍋(アルミでなくても大丈夫だと思いますが、柄の部分が燃えにくいものがいいと思います。)
  • カッター
  • はさみ
  • セメダインC(他の接着剤でもOK)
  • 金属ヤスリ(細かい加工のできるもの、私はホームセンターで5本組で400円で売られていたものを使用)
  • 耐水ペーパー(3種類ぐらいの細かさを用意しておいて使用させました。)
  • 金ブラシ(ヤスリで落ちにくい凹凸のある面に使わせました。)
  • ピカール(最後の仕上げはやはりこれ、布を使って仕上げます。)

作り方

DSC00014-v120.jpg (2562 バイト)DSC00013-v120.jpg (5318 バイト)DSC00016-v120.jpg (5313 バイト)
1 2mm厚のコルクで型をつくります。
 平面しかできませんが、それでもいろんな工夫ができます。加工はハサミとカッターでOK。最初から7cm×10cmにきっておいてから配布しました。湯 口を逆三角形につくらせるのを忘れないようにします。ある程度の湯口の大きさがないと注ぎにくいです。それから、たとえば作品の中央に穴をあけたい時など は、穴になる大きさにコルクを切っておいて、コルクをはさむベニヤ板にセメダインで貼り付けてしまします。空気穴をあけないといけない型などもでてきます が、何度でも試せるので、一度失敗してみるのもよい経験かもしれません。

DSC00003-v120.jpg (5545 バイト)DSC00004-v120.jpg (5644 バイト)
2 コルクを2枚のベニヤ板ではさみます。
 コルクの型と同じ大きさ(7cm×10cm程度)のベニヤ板を一枚と、湯口の大きさぶんだけ小さくしたベニヤ板を一枚用意します。金属製のクリップを 使ってこれを写真のように挟み込みます。漏れないように4カ所から挟み込みました。下は置いたときに安定するように2個にします。

DSC00001-v120.jpg (5795 バイト)DSC00002-v120.jpg (5636 バイト)DSC00015-v120.jpg (5322 バイト)
3 鋳込みます
 鍋に減摩合金を入れます。インゴットまるまるは入らないので、金ノコなどで切断して必要な分だけ溶かしまします。カセットコンロの火力が不安なら、上か らトーチであぶってもいいと思います。溶ける様子を観察させるとなかなかおもしろいですよ。T2みたいです。溶かすときに注意点なのですが、220゜C以 上になって溶けるのはいいのですがそのまま加熱し続けるとどんどん温度があがってしまいます。しまいには、柄の部分から煙りが出てくるでしょう。さらに加 熱すれば火事になります。それ以前に鍋をもてなくなります。少しガスがもったいなくなっても溶けたらガスを止めるようにしたほうがよいでしょう。
 鋳込む時には、型を写真のように斜めにおきます。湯口に向かってそそぎます。事故があるといけないので、1m以内には近づかないようにさせました。鋳込みは教師が全ておこなったほうが無難だと思います。

4 型からとる
 十分にさましてからとる必要がありますが、温度があまり高くないので、数分待てばやけどをしない程度にさめます。2mmと薄いのもさめるのに貢献してい ますね。クリップをとってあげるとすぐに取り出すことができます。とるとわかりますが、型にコルクを使っているので端がゴツゴツしています。

DSC00008-v120.jpg (5087 バイト)DSC00018-v120.jpg (4884 バイト)DSC00010-v120.jpg (5085 バイト)
5 ヤスリなどで仕上げる
 端のゴツゴツはヤスリで簡単にとれます。金工万力ではさんでなめらかに仕上げます。耐水ペーパーを使うと表面をきれいに仕上げることもできます。そし て、最後にピカールで仕上げればばっちりです。金ブラシなんかも使わせました。ボール盤を使って穴をあける生徒もいました。

作品紹介

DSC00012-v120.jpg (5191 バイト)DSC00020-v120.jpg (5319 バイト)DSC00022-v120.jpg (3402 バイト)DSC00023-v120.jpg (4020 バイト)
 わずか数時間だというのに、生徒達の作品は実にバラエティに富んでいます。ここらへんの発想力は子どもたちにはかないません。指輪、アルファベット、ロ ゴ、剣のイミテーション。表面が鏡のように光り輝いているもの、穴にしっかりとザグリがついているもの・・・おもしろいですよ。鋳込むだけなら1時間、周 りを削るところまでなら2時間、表面をピカールで仕上げるところまでなら3時間でできます。何度でも試せるのがとてもいいです。生徒達は失敗しながら強度 を考えたり、形を考えたりと工夫することができます。ぜひお試しください。


入手先

使用した減摩合金は、桜井技術教材社から購入できます。 
sgk-sakurai@mri.biglobe.ne.jp TEL 03-3696-7185
2kg単位での購入になります。


投稿者:藤代町立藤代中学校 川俣 純

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください