大気圧によるラップ破裂実験

準備するもの

  真空ポンプ、円筒容器、ラップ、輪ゴム

lap1.jpg (4056 バイト)lap2.jpg (5126 バイト)lap3.jpg (4879 バイト)

実験

  1. 円筒容器の口にラップをかぶせて輪ゴムで止める。
  2. 真空ポンプで容器内の空気を抜いていく。

結果

 大気圧と容器内の圧力に差ができるためラップが、ドーム状にえぐられる。さらに空気を抜いていくとラップが、耐えきれずに大きな音をたてて粉々になる。

考察

 ゲーリケは1654年にドイツ各地の政治家が集まった。会議で二つの半球を合わせて中を真空にし、それを馬に引かせて離す実験をおこなった。この実験は「マグデブルクの半球」と呼ばれる。この実験は大評判になり、真空や大気圧を広く知らせるのに大城に役立った。

問題: 人間が大気圧で押しつぶされないのはなぜでしょう。

 

 

答え:肺の中にも大気圧がかかっており、体内において大気圧との圧力差が生じていないため、押しつぶされることはないのである。



投稿者:門田和雄(東京都

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!

関連するお勧め教材


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください