ホブ盤による歯車加工

 

2010/11/26 金曜日 02:45:00 JST
 
代表的な機械部品である歯車の作り方を紹介します
 まず,必要な歯車の外形を削り出し, 中心に穴をあけます.(今回使用した ホブ盤では直径10mm)チャックで掴 めないような大きな円板は細い棒のジ グを作り,これで掴んで外形を切削しま す.  外形を切り出した円板(歯車素材)を ワークアーバーに取りつけ,固定しま す.写真の円板右上にあるのが,歯 車を切り出すホブです.この機械では, モジュール2の歯車を切り出すことが できます.  切り出す歯数を決めたら,必要な歯 車を組み合わせて,取り付けます. この計算がやや面倒です. スイッチを入れると円板のあるーブルとホブが回転をはじめ るので,人間は切りこみを与えからホブを円板の幅の分だ動かします.
 
 実際に切削をしている様子です.  少しずつ削っています.  今回はアルミ素材を使用しました.  
 今回使用したホブ盤は,ベルト電動で動く古い機械であるため,アルミやプラ板を素材にしています.無理な力を加えて少しでもベルトが滑ってしまう と失敗しまうのです.歯車の計算さえできれば直ぐにできるので,よく利用しています.


 


東京工業大学附属工業高校 門田和雄

最終更新日 ( 2010/11/27 土曜日 12:04:31 JST )

 

Print Friendly, PDF & Email

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください